Tokyo Tower by Lily Franky

book1[1].jpg

友達から薦められ、リリー・フランキー(生粋の日本人)というイラストレーター&コラムニストが書かれた本を週末に読んだ。泣きすぎて翌朝、目が腫れ上がっていた。この本は母子家庭状態で育った筆者とガンで亡くなった彼のお母さん、一緒には住んでいなかったお父さんのお話。ほとんどの話はお母さんの思い出を昭和の時代を背景に回想し、自分の半生を綴っている。文は読みやすく、分かりやすい。日本ではベストセラーになっていると聞いた。今は天国にいる彼のお母さんがこの本を読んだら、どんなに喜ぶだろうかと思うとまた涙がでてくる。

この本は、私を変えた気がする。そんな本は今まで出会ったことはなかった。人に優しくなろうと思う。私の弟や妹も読んでくれるといいな。

I read this book last weekend.  My friend lent it to me.  The book is written by the illustrator & columnist, Lily Franky (pure Japanese).  I cried so much so that my eyes were swollen next morning.  This book is about the author who was fostered by his mother, and about his mother who passed away with cancer and about his father who has lived separately from them.  Most of the story is about his past life, recollecting memories of his mother with describing Showa era in the back ground.  The style is easy to read and to understand.  I heard this book is one of the best sellers in Japan at the moment.  I get close to tears again to think his mother, who went to heaven, will be so delighted if she could read this book.

I feel this book changed me.  I had never encountered such book.  This book made me to be kind to other people.  I hope my bother and sister would read this book.

This entry was posted in Book. Bookmark the permalink.

14 Responses to Tokyo Tower by Lily Franky

  1. sybilla says:

    この本、みんないいって言いますね。
    私も泣き過ぎてエライ顔になるのが怖くて読んでません。。。
    読書が好きじゃないので、どうしても通勤の時だけになってしまうんですよね。
    それで泣いてたら、かなり怖いと思うのです(苦笑)。
    でもいつか思い切って読んでみたいです。
    あと「アシュリー」っていう本も読みたいんです。彼女カナダの出身ですよね。
    優しい気持ちになれる本っていいですね。

  2. humsum says:

    最近、活字が追っていけなくて..
    読んでないですが..
    ベストセラーになって居ることは
    知ってました..

    最近の傾向として
    「東京タワー」の名前が出てきます
    映画「東京タワー」
    それと日本アカデミー賞..
    (こんな賞にアカデミーを付ける必要が
    あったのでしょうか..という話しは別に
    して..)受賞の「三丁目の夕日」にも
    東京タワーが、重要な場面に..
    (書けば書くほど..本題から外れて
    います..失礼..m(_ _)m)

  3. chilco says:

    ☆sybillaさん、ほんとに目が腫れ上がっていたのが日曜日でよかったです。
    勤務日だったらエラいことなってました。
    通勤時は絶対にやめたほうがいいです。
    私も昔に較べると、本読んでないですね。
    (ブログカテゴリーでも本のカテゴリーは4投稿ですから(爆笑))
    この本気軽な気持ちで読んでみて下さい。爆笑の場面多々有りです。
    アシュリーって本知りませんでした。早期老化症の女の子の話なんですね。
    これまた、目が腫れそうです。
    心を改善する本、映画、音楽っていいですね。

  4. chilco says:

    ☆humsumさん、やはりベストセラーになってるんですね。
    映画でも「東京タワー」あるんですか。
    本の方の「東京タワー」も、急遽された久世光彦さんが映像化を推進されていたそうです。どんなキャストを構想されていたのかとても気になります。
    日本アカデミー賞受賞の「三丁目の夕日」も是非見てみたいです。
    (ほんとですよね、日本映画賞でもよかったですのに。)
    東京タワー、恐怖ですが、一度登ってみたいです。

  5. Cheery says:

    コレ泣けますよね。
    私も読みました。
    途中で読めなくなりつつも、最後まで読んでみてよかったなって思います。
    いろんな人に読んでもらいたい一冊ですよね。

  6. chilco says:

    ☆Cheeryちゃん、長崎楽しんでいますか?
    チャンポン食べ過ぎてないですか?
    Cheeryちゃんも読んで、泣いたんだ。
    途中で読めなくなったってのは、悲しすぎたからかな。
    ほんと世界中の人に読んでもらいたいね。

  7. いもっこぞう says:

    お兄ちゃんも大絶賛してお母さんに読んでってプレゼントしてたけど、、、、お母さん未だ全く読まず。。。読むように言うておきます!!

  8. chilco says:

    ☆いもっこぞうどん、おいでやすっ!
    へぇ、お兄ぃも読んでたか。お兄ぃも泣いたかなぁ。
    お母さんにプレゼントなんて、やるやん。
    いもっこぞうどんも読んでなぁ。

  9. cz007 says:

    おんやまぁ~、本を読まなくても、もともと、心優しいChilcoさんではないですかっ。また、感化されて、心優しい人間になられるんでございますのねぇ…。
    私も、読んでみたいですが、私が読んだら一体、どんな事に…嗚咽しちゃう?(笑)

  10. chilco says:

    ☆海原雄子さん、心優しくなるのって難しいね。
    私、よく切れるし。。。
    (ちょっと〜、ゴマダレ職人さんそこでうなづくの止めてくれる?)
    czさんが読んだら、もうね、ティッシュの箱、2箱は必要だと思うよ。

  11. いもっこぞう says:

    はい!今日から読みます!!

  12. chilco says:

    ☆いもっこぞうどん、お返事に読む意気込みが伺えます(-_☆)キラーン
    読んだら、また感想教えてな〜。うちの妹も読んでるみたい。

  13. toko-max says:

    こんにちわー。お久しぶりにコメントしま~す☆
    やっとカナダにやって参りました~!きゃーっ!
    昨日バンクーバーに着いて、その足でビクトリアへ。
    今はホストマザーのお家でくつろいでまっせー(笑)

    この本、出発時の新幹線に乗る前、本屋で買いました。
    もう1年近く買おうと思いつつも、移動時に読んでは
    いけないという友人たちのお達しもあり、買えずに
    いました…。母と離れた今だからこそ読んでおくべきだと
    思って、購入。これから大事に読みたいと思ってます。

  14. chilco says:

    ☆toko-maxさん、いらっしゃぁ~い(三枝風)。
    もうビクトリアにいらっしゃるんですねぇ!わお!
    どうでしょう、ビクトリア?
    ビクトリアはチャリ交通が発達しているのが羨ましいです。
    toko-maxさんのビクトリアブログ楽しみにしてまっせ~。

    本、読んだらまた感想教えてくださいね~☆

Leave a Reply to Cheery Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *