The Terminal



スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演のThe Terminalを観た。なんとトム・ハンクスはロシア人役だった。ストーリーはトム・ハンクスは英語が話せない為に意地悪審査官に入国を拒絶される。入国許可が下りるまでターミナルで生活することになる。トム・ハンクスのロシア語なまりの英語はとても上手だった。スッチー役でキャサリン・ゼーダ・ジョーンズが出てくるが、彼女は美しいぃぃ!またスッチーの制服が似合ってるのよねぇ。イギリスのウェールズ出身なのにアメリカ英語は自然。旦那のマイケル君といつも話してるしかな?

ちょっと非現実的だけど、まぁまぁ面白かった。一番感心したことは、映画に出てくる飛行場は作ったセットだっていうこと。

マイ評価(最高10ツ☆)
☆☆☆☆☆☆(6!)

This entry was posted in Film. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *