Bridget Jones: The Edge of Reason


この週末、映画を2本観た。1本はDVDで「Bridget Jones: The Edge of Reason」。2001年に公開された「Bridget Jones’s Diary」 の続編。率直に言って、前作に比べて、面白くなかった。ありえんやろーっ!ていう結末でした。ハンサムなColin Firthを見れるのはグッドでした。この映画の中でブリジットが住んでいた街は私達が住んでいたBorough(バラァと読みます)だと説明された時、私達は「あれ、Borough やって!」 とハイになっていました。

We watched 2 films this weekend. One was a DVD, “Bridget Jones: The Edge of Reason”. This is the second series of “Bridge Jones’s Diary” which was released in 2001. Frankly speaking, it wasn’t good as the first one. The ending was like “This cannot happen in real life!” It was good to see handsome Colin Firth though. When this film explained that the town where Bridget lived was Borough, which is where we used to live, we got high saying “That’s the Borough!”.

マイ評価(最高10ツ☆)
☆☆☆☆☆☆ (6!)

This entry was posted in Film. Bookmark the permalink.

2 Responses to Bridget Jones: The Edge of Reason

  1. これってぶちきれそうな12ヶ月
    なんだかそんな感じのサブタイトルがついたのをやるっぽい。
    4月から英語を勉強することにしたのだけど、どうなるころやら〜

  2. chilco says:

    ☆桜子さん、サブタイトルThe Edge of Reason がそんな題名になってたんですか?
    私やったら、「理性の崖っぷち」とかにするかな。<ダサ。このサブタイトルでは売れへんわ。
    4月から英語勉強するのえらーい!拍手、パチパチパチ!向上心!
    言葉は度胸、通じてなんぼですから!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *