Category Archives: Film

Les Choristes

 夫の両親が薦めてくれた映画を観た。時代は1949年、音楽教師Clément Mathieu(写真右前)は孤児、問題児用の男子寄宿学校に監督者として働くことになる。子供達は厳しい監督と体罰によって抑制されていた。Clément Mathieuは音楽の楽しみを子供達に教えたいと考える。合唱団を作り、余暇の時間に練習を積み重ねる。合唱の魅力に先生も子供達も引き込まれ、子供達との距離が縮まっていく。子供達の歌声は素晴らしく、時には笑いあり、最後には感動のお話でした。心が清らかになりました。 We watched the film which was recommended by my husband’s parents. The film was set in 1949, a music teacher, Clément Mathieu (right front of the photo), started to work as a supervisor of a boys’ boarding … Continue reading

Posted in Film | 2 Comments

Casino Royale

 弟と夫と一緒に見に行ってきました。映画館は老若男女の観客でいっぱいでした。映画はCGIや子供騙しのボンド秘密兵器がなく、現実的でスリルとアクションがテンコ盛りのクラッシックなボンド映画でした。ニューボンドのダニエル・クレイグは、前評判が悪く、danielcraigisnotbond.com というサイトまで立ち上がったほどでした。115%がんばったと本人が言ったように、ダニエル・クレイグのボンドは、シークレットエイジェンシーの冷血さを持ちながら、チャーミングなボンドを好演していました。本人が初めてボンド役をオファーされた時、信じられなくてその晩はウォッカマーティーニで泥酔いしたそうです。笑。彼の努力が報いられ、次2本のボンド映画もダニエル・クレイグに決まりました。楽しみです。ボンドファンの夫も弟もこの映画はA1!と評価していました。ということで私の評価は。。。 I went to see the film with my brother and my husband. The theatre was packed with old and young people. The film didn’t have CGI or childish Bond’s secret gadgets – it was realistic and classic Bond film … Continue reading

Posted in Film | 10 Comments

Little Shanghai?

映画Fantastic Fourのセットがオフィスビルの駐車場前に建設されている。上海のセットだそうで、餃子屋やら、お土産屋やら出来て来ている。3日でパゴダみたいなのまで作っちゃった。 The set of the movie, Fantasitic Four has been built in front of my office building’s parking. Apparently it’s supposed to be Shanghai and a dumpling restaurants or a gift shop have been set up. They made the … Continue reading

Posted in Film | 6 Comments

Thank you for smoking

タバコ協会を代表するロビイスト、Nick Naylorはあらゆる論理を持って、喫煙反対運動家と戦う。息子Jackは現代の倫理基準に適わない父の仕事を考える。友人は銃、アルコール協会のロビイストでいつもどうやって反対運動家と戦うかを話し合う。そこへセクシーなジャーナリストが現れ、事態が変わる。この映画、名優がたくさん出ています。Robert Duvall, William Macy, Sam Elliott, Maria Belloなどなど。Rob Loweも出ています。主役のAaron EckhartはErin Brochovichで彼氏役で出ていましたね。息子役のCameron Brightくん、上手でした。なんか見たことあるなと思ったら、X-men 3にハゲチャビンで出ていました。この映画で要注意は脇役ででていた、Adam Brody。キュートです! 楽しい脚本と卓越した名優の演技でとても楽しめた映画でした。トレイラーはこちら。The lobbyist, Nick Naylor, represents Tobacco associations and fights with anti smoking activists with all the available logics he has. His son, Jack, considers his … Continue reading

Posted in Film | 4 Comments

Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer

  Fantastic Fourの続編が現在バンクーバーで撮影されています。ニューヨークのマンハッタンにある架空のFantastic 4の基地、The Baxter BuildingはバンクーバーのMarine Building↑となっています。続編ではこの屋上で透明人間のSueとミスターファンタスティックのReedの結婚式が行われる設定となっているそうですが、Marine Buildingには屋上がないので、作ってしまいました。ちょうど私のオフィスの隣の駐車場の屋上にMarine buildingの装飾を模倣してセットが出来上がりました。下の写真右上にMarine buildingが見えます。The sequel of the Fantastic Four has been filmed in Vancouver recently. The Baxter Building, a fictitious Manhattan building as the Fantastic Four’s base is Marine Building↑ in Vancouver. In the … Continue reading

Posted in Film | 9 Comments

Etre et Avoir

フランスのドキュメンタリー映画 Etre et Avoir (英題:To be and to have、邦題:ぼくの大好きな先生)を観た。4歳から11歳までの13人の小学生とその先生の学校生活が8ヶ月間撮影された。小学校は南フランスの人口200人程の村にある。この村は私達が去年行った村のすぐ近くにあると知って興奮しながら映画を観た。私が感動したのは、35年の教師経験がある先生の指導方法。一人一人の子供たちの気持ち、興味、悩みを理解する。子供の長所を誉め、短所を認識させ、問題点があればどのように解決したら良いか一緒に考える。邦題のように、子供たちは先生が大好きだ。私もこんな先生に習いたかったな。 監督のNicolas Philibertは300程の学校を訪問し、この学校に決めた。この映画はフランスで大ヒッしたそうだが、この成功のために、生徒のと先生が出演料を求めて監督を訴えた。このニュースを聞いてがっがりしましたが、この映画はお勧めです。 We watched a French documentary film, Etre et Avoir (English title:To be and To have, Japanese title:My favourite teacher).   The life of a teacher and 13 elementary students, aged … Continue reading

Posted in Film | 10 Comments

Everything is illuminated

この映画とても楽しんだ。指輪物語に出ていたElijha Woodはアメリカンユダヤ人Jonathan Saforon Foerを演じる。Jonathanのおじいさんは第二次世界大戦中、ユクライナのホロコーストから逃れてきた。おじいさんは若き頃のおじいさんとある女性が写った写真を残して亡くなった。Jonathanはユクライナのおじいさんの古里を訪ね、その写真の女性を探すことを決心する。通訳として雇われたアメリカナイズされたユクライナ人Alex、運転手役のAlexのおじいさんとその犬、Sammy Davis Jr. Jr.の4人が旅に出る。コミカルで心温まるストーリー。 監督はThe Manchurian Candidateに出演していた俳優、Liev Schreiber。この映画は彼の初監督作品である。脚本も彼が書いた。味のあるユクライナ人俳優を起用し、美しいユクライナの風景を映し出していた。いつか行ってみたいな。 We really enjoyed this film.  Elijha Wood who was in The Lord of the Rings acted as a young Jewish American, Jonathan Safron Foer.  Jonathan’s grandfather escaped from the … Continue reading

Posted in Film | 4 Comments

Capote

アカデミー賞主演男優賞を穫ったCapoteを観た。主人公Truman CapoteはNew Yorker誌の人気ライターであり、「ティファニーで朝食を」の筆者であることで知られる。この映画はCapoteが、カンザス州で起こった一家惨殺事件を新聞で読み、この事件について書こうとする所から始まる。犯人であるPerry Smithに刑務所で何度も面会し、事件の全容と動機を知るために、Capoteは刑の軽減のために多大な援助を提供する。犯人が惨殺者であるという真実と犯人への同情の間で揺らぐCapoteの葛藤がこの映画の見どころだろうか。 監督のBennett Millerは1966年生まれの若手監督。監督作品も他にThe Cruiseという映画があるだけだ。Truman Capoteが生きた1960年代のアメリカ、特にニューヨークの町並みが再現されているのが素晴らしかった。 We watched Capote which won the Oscar for the best actor’s award. The main character, Truman Capote is best known as a writer on The New Yorker, and the author of “Breakfast … Continue reading

Posted in Film | 4 Comments

Just Friends

あまり期待しないでこの映画を借りて、めちゃ笑いました。主人公Chris↑を演じるRyan Reynoldsは、高校時代に今まで好きだったJamie↑に告白する。でも彼女から友達として大好きよと返答される。その街を離れ、メジャーな音楽レーベルに勤め、ハンサムなプレイボーイに変身した。ひょんなことから、その街に戻り、Jamieに再会する。「Just Friends」の関係で終わらせないために、Chrisは色んな作戦を立てるが、そこには数々の困難が待っていた。Ryan ReynoldsのSteve Martinを思わせる身体を張ったコテコテギャグが素晴らしかった。映画の最後のクレジットスクロールのところでRyan ReynoldsがBoyz II Manの I Swearを歌真似するのは見物です。映画の中で歌真似したものは、こちらで少し見れます。Ryan Reynoldsはバンクーバー出身と知ってなんだか嬉しい。彼は歌手のAlanis Morissette↓と最近婚約した。これからの活躍を期待したいです。 We rented this film not expecting much of it, and we laughed so much. Ryan Reynolds who acts the main role, Chris↑, declared his love for a girl … Continue reading

Posted in Film | 10 Comments

A History of Violence

Viggo Mortensen主演のA Histoty of Violenceを見た。ある男(Viggo Mortensen)が身元を変えて小さな町で幸せな暮らしを家族と暮らしていた。ある日そこに昔、属していた暴力団の仲間が彼と彼の家族を脅かしにやってくる。おのおのの役柄の背景があまり説明されず、内容が非現実的だと思った。IMDBでは7.8を得ているけど、私は4をあげます。 We watched A History of Violence which Viggo Mortensen was in as the main character. One man (Viggo Mortensen) who changed his identity was having a happy life with his family in a small … Continue reading

Posted in Film, Vancouver | 18 Comments