Prison Hotel “Winter” by Jiro Asada


元上司にお礼として、2004年ベストドキュメンタリー賞 by Chilco (←自分かよ!)に選ばれた、Touching the Void (邦題:運命を分けたザイル)のDVDを送った。これはイギリス人登山家、サイモン・イェーツとジョー・シンプソンが1985年ペルーのアンデス山脈、標高6600mのシウラ・グランデ峰西壁を登った時に起こった本当の話。素晴らしい映画です。

I sent my ex boss a thank-you present. It’s a DVD, “Touching the Void” which was the best documentary award in 2004 by Chilco (←That’s me!). It’s the true story of British climbers, Simon Yates and Joe Simpson, journey up to the west face of Siula Grande in the Peruvian Andes in 1985. It’s a wonderful film.


すると上司から、浅田次郎作、プリズンホテル「冬」が送られてきた。送ったDVDと登山繋がりで、日本人登山家小西政継をモデルにした人物が出てくる。ヤクザが経営するホテルで義理と人情のストーリーが展開される。人の弱さを代弁し、慰めてくれる本でした。最後はグスンときましたよ。上司曰く、浅田次郎(53歳)は子供の頃から小説家になると決めてたが40歳過ぎるまで書いても書いても売れなかった。その反動で鉄道員(ポッポ屋)が売れた後100作品以上が10年で発行されたが、当然当たり外れがある。で、上司は私に当たりだけを送ってくれるそうです。なんていい人なんだ。

Then my boss sent me this book, Prison Hotel “Winter” by Jiro Asada. Related to climbing of the DVD I sent, there’s a character in this novel was modeled on a Japanese climber, Masatsugu Konishi. At the hotel which is ran by Yakuzas, many stories of “Giri to Ninjyo” (Yakuza’s philosophy, meaning Duty and Love) progress simultaneously, the story spoke about human weakness which everybody experiences and consoled me. It gave me tears at the end. According to my boss, the writer, Jiro Asada (53 years old) decided to be a novelist when he was very small but his books didn’t get popular until he got to forties. He wrote more than 100 novels in 10 years after he wrote “Tetsudoin” which was a big hit. There are some hits and misses in the 100 novels so my boss is going to send me only the hit ones. What a nice person.

この本には他に「春」「秋」「夏」がある。読み終わると、オフィスの机の上には「夏」と「秋」が届けられていた。グッドタイミング!

There are three other books for this novel, “Spring”, “Autumn” and “Summer”. After reading this book, “Summer” and “Autumn” were delivered to my desk. Good timing!

This entry was posted in Book. Bookmark the permalink.

7 Responses to Prison Hotel “Winter” by Jiro Asada

  1. Mrs. K. says:

    Your blog is so interesting. I'm learning a little bit about Japenese culture. I hope you're feeling better today!

  2. noripond says:

    hey! chilco.
    long time no see.
    お元気でしたか〜?外国人の方からコメントが〜素晴しい。(´∀`*)ウフフ
    僕漫画も・小説も読まないんです。
    上の映画「クリフハンガー」みたいですね。
    「クリフハンガー」みて手に汗かいて観たのを覚えてます。
    アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

  3. この花札を思わせる山の絵 妙にきになる♪
    花札ってやり方もわからないのだけど、なんか絵が妙に好きだったりする。
    最近はもっぱら字より絵の多い本をちらちらと見ては
    読書した気分になっている今日この頃どえす

  4. chilco says:

    ☆Mrs. K, lovely to hear you learn a bit of our culture!
    Thanks for thinking of my health.
    I am feeling much better and ready for this weekend's beer bottling and tasting.
    Hee hee hee.

  5. chilco says:

    ☆Yo! Noripond.
    ブログは読んでるみたいね。よっしゃ!
    この映画は、「クリフハンガー」より、手に汗握るよ。
    本当にあった超人の話。
    お、仙台フォーラム劇場で4月16日からやるみたいですよ。ナイスな劇場だ。
    http://www.freefactory.net/forum/timetable/

  6. chilco says:

    ☆桜子さん、これ花札だよね。そう言われれば。<今まで気づいてなかったバカ。
    他の3作品の表紙も花札でした。
    花札、小学校の頃よくやったわぁ。
    私の弟はこっちで韓国人の友達とかと花札やってるみたいです。
    韓国人も花札するんですね。

  7. yukun45 says:

    ちょっとちょっと〜
    プリズンホテルって僕の大大大好きな小説ざんす!!
    もちろん、春夏秋冬全部持ってるよ〜
    久しぶりに読み返そうかな!!

Leave a Reply to chilco Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *